人事関連業務支援サービス

残業時間管理業務

就業の仕方が、多様化する中で残業の計算は、複雑に成ってきています。
1)裁量労働制
2)固定残業性
3)36協定

同時に有給取得も日単位、半日単位、時間単位なども多様化してきています。

また、代休の取得なども複雑化を助長します。同時に残業の就業時刻による残業代の金額の変化もあります。
1)正規・非正規
2)パート

就業規則に沿って、適格に残業時間を計算し、信頼のおける給与計算をサポートいたします。

当センターに関するご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、お電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ