基本サービス

労働保険年度更新業務

労働保険の年度更新
労働保険の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間(これを「保険年度」といいます。)を単位として計算されることになっており、その額はすべての労働者(雇用保険については、被保険者)に支払われる賃金の総額に、その事業ごとに定められた保険料率を乗じて算定することになっております。
労働保険では、保険年度ごとに概算で保険料を納付(徴収法第15条し、保険年度末に賃金総額が確定したあとに精算(徴収法第19条)いただくという方法をとっております。
事業主は、前年度の保険料を精算するための確定保険料の申告・納付と新年度の概算保険料を納付するための申告・納付の手続きが必要となります。

この年度更新の手続きは、毎年6月1日から7月10日までの間に行わなければなりません。
当センターでは、お預かりした給与データを基に年度更新申告書を作成たします。
申告書に保険料等を添えて、金融機関、所轄都道府県労働局及び労働基準監督署のいずれかに、6月1日から7月10日までに提出してします。(提出代行も受け賜ります)

サービス

内容

作成物

労働保険料年度更新サービス(7月) 労働保険の概算、確定保険料の精算手続きを代行いたします。 ・労働保険年度更新手続き


当センターに関するご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、お電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ