基本サービス

社会保険定時決定手続業務

算定基礎届  
健康保険や厚生年金保険の保険料額は、会社が各従業員に対して支払った給与をもとに算定した「標準報酬月額」をもとに算出します。標準報酬月額はいくつかの等級に区分されています。
昇給や昇格などで給与水準が変化していくのに対応するため、年に一度の届出を行い、その後1年間の標準報酬月額を決定します。この手続を【算定基礎届(定時決定)】といいます。

サービス

内容

作成物

標準報酬月額定時決定(算定)サービス(7月) 4月、5月、6月の給与実績を元に、9月以降1年間の標準報酬月額を決定します。(毎年7月) ・算定書類の作成 ・社会保険事務所(健保組合)手続き代行



 『対象となる被保険者』
  7月1日現在の被保険者ですが、下記の者は除かれます。
   1)6月1日以降に資格取得した者
   2)7月に随時改定が行われる予定の者 → 代わりに月額変更届を提出
 
 『対象となる期間』
  4月・5月・6月の期間が算定対象期間となります。
 
 『新しい標準報酬月額の適用』
  その年の9月から翌年の8月まで適用されます。

当センターに関するご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、お電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ